食からホルモン分泌をアップ!

女性ホルモンをアップさせる食材は!?

実は、女性ホルモンは体内の細胞からしか作られないので、食べ物で女性ホルモンを摂取することはできないんです。
が、女性ホルモンに似た作用の成分を含む食材を摂取することで女性ホルモンと同様の効果が得られるんです。
30代をピークに女性ホルモンの分泌量は低下していく一方です。
よって、肌や髪のハリやツヤが失われ、シワ、たるみ、くすみなどの老化が見られるようになるんです。
食べ物で女性ホルモンがアップするなら、そうゆう食材を意識して取り入れ、ハリツヤを取り戻しましょう!
食べ物で摂取することが難しそうなら、サプリメントや栄養ドリンクなんかを利用するのもお手軽でいいかもしれません。
ただし、女性ホルモンの分泌が活発な10代20代にサプリメントなどで過度に女性ホルモン作用のある成分を摂取してしまうと、本来自然に分泌されるべき女性ホルモンの分泌が抑制されてしまい、ホルモンバランスを崩してしまうので注意が必要です。

 

イソフラボン

女性ホルモンといえば、イソフラボンが良く知られていますよね。
イソフラボンはポリフェノールの一種で、大豆などのマメ科の食材に多く含まれている成分です。
エストロゲンにとてもよく似た性質があるので、イソフラボンを含む食材を摂取する事で、肌や髪のハリツヤなどに効果があります。
他にも、老化の原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用があったり、自律神経を安定させたり、骨粗しょう症の予防なんかにも効果があります。
イソフラボンを多く含む食材は、大豆、納豆、豆腐、きなこ、豆乳などの大豆製品です。

 

ボロン

かわいい名前ですよね。
ボロンは、エストロゲンの分泌を促進する働きがある成分なんです。
なので、ボロンを含む食材を摂取することで、エストロゲンの分泌量をアップさせることができるんですね。
ボロンを多く含む食材は、キャベツ ・ りんご、桃、ぶどう、レーズンなどのフルーツ類 ・ アーモンド、クルミ、ピスタチオ、ピーナッツなどのナッツ類 ・ わかめ、ひじきなどの海藻類です。
ボロンは熱に弱い性質があるので、熱を加えずにフレッシュで食べる方がおすすめです。

 

ビタミンE

ビタミンEは、女性ホルモンの分泌をコントロールする視床下部に働きかけてホルモンの分泌を促進したり、分泌量を調整したりする働きがあります。
また、高い抗酸化作用があるので、老化を防止するには欠かせない食材です。
ビタミンEを多く含む食材は、アーモンドなどのナッツ類 ・ かぼちゃ、ほうれん草 ・ イクラ、いわし、うなぎなどの魚介類 ・ ひまわり油、サンフラワー油などの植物油です。

 

レソルシル酸ラクトン類

レソルシル酸ラクトン類も女性ホルモンに似た働きをします。
レソルシル酸ラクトン類を多く含む食材は、ごま、小麦、えんどう豆です。

 

ビタミンB6

ビタミンB6はエストロゲンの分泌に必要な成分です。
ビタミンB6を含む食材は、マグロの赤身やバナナです。

 

 

 

食からホルモン分泌をアップ!関連ページ

ホルモンバランスを崩さない!
ホルモンバランスが崩れると外見や内面に様々な悪影響が生じます。         ホルモンバランスが崩れる原因に注目しましょう。
ホルモンアップサプリメント
女性ホルモンをアップする人気のサプリメントを紹介します。
注射で女性ホルモンアップ
ホルモン注射の種類から安全性まで                             ホルモン注射の全てをまとめました。
アロマで女性ホルモンアップ
アロマの香りにも女性ホルモンアップに効果があります。